2010年7月 4日 (日)

復元の意味と現状

もう無くなってしまったむかしの建物を改めて復元するという動きがが流行っている。

江戸東京博物館に行くと、日本橋や銀座レンガ街の一部だとか、実物大の復元も二三はあるが、あとは縮尺模型ばっかり、まるで江戸東京模型館だ。
なんでかっていうと、都政がハコモノに夢中になっている間に、めぼしい文化財の建築はみんな明治村へ持って行かれちゃったんだ。

江戸東京博の別館として小平に江戸東京たてもの園というのができたが、時すでに遅く、大正昭和の建物が多くて、いわゆる「名建築」と呼ばれるようなものはほとんどない。

その後、汐留に明治の新橋ステーションが復元された。精確にもとの場所に建てたというのだが、実際は地盤が上がっているから敷地は同じも高さは4メートルほど高い所にあるわけ。中はレストランやショップで、資料館もある。

昨年復元されて誕生したのが丸の内ビジネス街の最初のオフィスビル、三菱1号館だ。
オリジナルが竣工したのは明治27年、設計はジョサイア・コンドル博士だ。高度成長期の始まったころ、こんな古くて利益の上がらない建物は新しい高層オフィスビルに建て替えてしまえ、というわけで、貴重な文化財として何とか保存すべきだ、という都民の声を無視して三菱地所があっさり取り壊してしまった。跡に建ったのは味も素っ気もない四角四面のつまらないビルだった。

昨年同じ場所にそっくり昔と同じデザインの建物が復元されて美術館になった(東京フォーラムの斜め向かい)。外観はとても良くできている。

三菱地所は文化活動の一環としての社会貢献を謳うつもりか、テレビCMなんかで宣伝につとめている。

だけど、これって壊すのも、作るのも、しょせんは商業価値が優先されただけの話じゃないか。それがつまり岩崎弥太郎時代からの「商売」なのだ。

現在工事が進んでいるのは東京駅を建ったときの姿に復元するという計画だ。東京駅は重要文化財に指定されたのを機会に、空襲でオリジナルのドーム屋根が焼け落ちてしまったのを竣工当時の壮大な姿に再現するらしい。

だが、果たしてそれでよいのか?!!という意見も持ち上がっている。建設されたのも東京の歴史なら、戦災の被害を受けたのも東京の歴史だ。明治の栄光(日露戦争に勝利して、その記念に当時の計画を大幅に変えて壮大な設計をほどこした)か、無益な太平洋戦争の傷跡を残すべきか、ろくな議論もされないまま工事が始まっている。

あなたは広島の原爆ドームを解体して、建築された当時の姿に作り直す、と言ったらどう思いますか?

| | コメント (2)

2010年5月 9日 (日)

小説を書く

若いころ小説というものを書いてみようと思ったことがある。3,40年ほどむかしの話だ。
しかし、もともと工学系で文学にはことのほか疎い。だから決して文学を書こうというのではなく、ストーリーの面白い、いわばエンターテインメントを書いてみたかったのだ。

そもそもの始まりは日本、ヨーロッパを股にかけた男の生き様・・・・みたいなのが書きたかった。学生運動の闘士のひとりが運動に挫折し、反対に保守系の議員にかかわっているうちに、選挙違反で国外へ逃亡。イタリアの景勝地ガルダ湖畔のホテルで日本人の女性と知り合って・・・・。結局最後はアフリカの新興国の反政府革命軍に身を投じる、というストーリーを漠然と考えていた。

さて、こんなイメージで書き始めたものの、すぐ行き詰まってそのまま放ったらかしになっていたら、なんとなく見ていたテレビで、どうも似たような雰囲気の映画が紹介されていた。何だこりゃ〜?

それは当時流行りっ子だった五木寛之の原作だった。タイトルは忘れた。さっそく本を買ってきて読んでみたが、さすがに面白いし、うまく書けている。参ったな〜!

やっぱり素人にはムリなのか?考え直して自分なりの小説トレーニングをやってみよう。というわけで、最初はまず自分自身の経験をほとんど脚色なしに書くことから初めて見ようと思った。疎開した仙台で過ごした戦中戦後にわたる青春時代の記憶を、とりあえず小説というよりも作文みたいなものに書いてみた。

近所のごく普通のおじさんとの交流を通して、あのころあのおじさんから受けたもろもろの影響や感化
の大きさに、そのおじさんの当時の年齢になってやっと気がついて、そのことを書いて置きたかったのである。(タイトル「中村文明堂」)

その次に考えたのは自分の経験を踏まえながら、大幅にフィクションを加えてストーリーをまとめ上げようという案だった。学生時代にアルバイトで映画館の看板を描いていた経験を元にしている。これは芸大を目指しながら毎年落第して看板描きになり、主人公が挫折して行く青春の蹉跌ものである。いわゆる負け犬が書きたかったのだ。まかり間違えば僕自身がそんなことになっていたかもしれなかったので、主人公にいささかの思い入れがある。(タイトル「煙」)

その後しばらく間をおいて、格好良い現代小説風はあきらめて今度は歴史時代小説のジャンルに挑戦することにした。明治の初期に活躍した井上安治という浮世絵師のことを調べていたのだが、どうも資料が少なくてよくわからない。小林清親について14歳で弟子となり、脚気で26歳で亡くなるまでの伝記を考えたのだが、直接の資料が極端に少ないので、フィクションでその隙間を埋めようという魂胆である。(タイトル「東京真画名所絵図」)

明治の時代考証を検討しながら、なんとなく新派のストーリーみたいな、わりかしお定まりの筋立てを作り上げた。肝心の実在の主人公の性格が前作よりもあまりうまく書けていない。

この小説はワープロでプリントし、製本して完成した。東急ハンズで買ってきた製本キットの束が薄いので、たいしたページ数ではないのに上下2册になった。ところどころに安治の版画も挿入した。

世の中には、たった一部しか存在しない本というのがあってもいいかもしれない。

明治時代に関心が深いので、その次の短編も明治ものだ。ストーリーは歌劇「リゴレット」から借りているので、面白くないわけはないのだが、小説としてはどうも大時代過ぎる。(タイトル「野だいこ陣八」)
たまたま国立演芸場で浪曲の脚本を募集していたので、そのまま手を加えて応募したが見事落選。後日そのときの入選作の口演を聴きに行ったら、これがなんとも期待にはずれて、とんでもない愚作ばかり。一口でいって、あまりにもアナクロ過ぎる。

その前後に、短編小説のうま味は最後のどんでん返しにある、と気がついて、そういうアイデアを考えついた。最後のサビを効かすために全体を淡々とそっけなく退屈な調子で書いてみた。これも青春小説だ。(タイトル「遠い山肌」)

僕としてはいまさら小説家になりたいわけでもないし、これはまあ一種の趣味の部類かもしれない。それでも朝日カルチャーの「大衆小説の書き方」講座(講師・光瀬龍)なんかにもしばらく通った。

現在はなにも書いていない。ヒマはあるのに恰好のアイデアが浮かばないからだ。

| | コメント (2)

2010年2月23日 (火)

hozkazの建造物シリーズ

旧草思社刊行の「日本人はどのように建造物をつくってきたか」全十巻のうち、平城遷都1300年に当たり「法隆寺」「奈良の大仏」「平城京」がソフトカバー新装版として新草思社から出版されました。

わたしは現在「明治の東京(仮題)」を執筆中で、秋にはなんとか上梓したいと思っています。それと同時に「江戸の町(上・下)」も新装版発刊の予定です。

| | コメント (2)

2010年1月 2日 (土)

謹賀新年

Photo
明けましておめでとうございます。

| | コメント (1)

2009年12月27日 (日)

TRAD雑記帳45 三点セット

 すでに亡くなられましたが、メンズファッションの生き字引と言われた紳士服評論家、星野醍醐郎氏に伺ったのは、男がコートを着たときには、必ず帽子と、手袋を持たねばならない、ということでした。
つまりコートを着るときの三点セットです。

現在ではこの三点を守っている人はほとんどいません。時代が変わって、世の中全体が簡略化されてきたのです。でもいざとなったらこれはとても重大なことでありまして、たとえば首相が外国を訪問して儀仗兵を閲兵するときなどは、絶体このルールに従わないといけません。

出来たら、コートはチェスターフィールド、帽子はホンブルグ(ハンバーグじゃないよ)、手袋はペカリーかキッドというのが決まり。
セミチェスターにソフトハットという略式のことも多くなってきました。

ここまでやるとかなり大袈裟になるので、わたしも帽子を省略したりするようになりました。

ところで、わたしも年を重ねたせいで、今年はじめて「コートの重さ」という問題に直面しております。2年ほど前まではほとんど意識しなかったのですが、コートが重いとウンザリします。結局カシミヤの紺の両前か、ダウンくらいしか着る気になれません。ハリスツイードで入れ込んで作った両前のオーバーコートなど、まったく出番がありません。以前にご紹介したダッフルコートさえすでに重たくてイヤになります。
来年の秋には傘寿を迎えます。

| | コメント (4)

2009年11月 8日 (日)

TRAD雑記帳44 ネクタイを締めよう

クールビズからウォームビズとやらいう政府主導の怪しげな風潮がはびこって、ネクタイを締める人が減ってしまったような気がする。

鳩山首相はゴールドがラッキーカラーだとかで、首相から閣僚まで一斉にどこが良いのか間の抜けたゴールドのネクタイ。こいつをやや大きめのセミウインザー・ノットに結ぶ、彼のセンスの程度はせいぜいこんなものか・・・。でもまあ、ノータイよりかはなんぼかマシというべきか?

それでなくても世の中の男性諸君は相変わらずネクタイ選びに自信がないし、いちいち締めるのもほどくのも面倒くさいと思っているらしいから、これ幸いと「ノータイ」が幅を利かせている。別にネクタイ屋の肩を持つわけじゃないが、まったくバカげた風潮だ。

だいたい最近はドレスアップとドレスダウン、フォーマルとカジュアル、ドレッシーとスポーティという違いがアイマイになって・・・・というよりも、みんなストリート風に馴染んで「面倒がなくて楽なダサい恰好」ばかりが街中を横行している有様だ。

服装が着て楽な方向へ、下位の服が上位の服に取って代わるというのは、ある意味での歴史的必然かもしれないが、今の日本の状況では、単に男全体がただダラシなく貧相になってしまう一方じゃないかと心配になる。安易に流れてしまうとズルズルとそれに慣れてしまって、男の品格も気概も自覚も失われてしまう恐れがある。

こうなるとカジュアルな装い自体までもが格調を失って、日曜なんかジャージーの上下にビニール・サンダル突っかけて、赤ん坊抱いて自販機まで煙草を買いに行ったりするようになる。男はジャンパーひとつ着るにも「ジャンパーはこう着るものだ!」という主調がなくてはならないのだ。

ネクタイを整理していると、やっぱりネクタイはいいな〜と改めて思う。別に特に意味があるシロモノというわけではないのだが、この色、このストライプの幅、飛び柄の洒落た模様・・・・ボタンダウンにはこのクラブタイ、この水玉にはカラーピン、チェックのボウタイ・・・。やっぱりネクタイを締めたいな〜と思ったりする。

面倒くさいが会社へ行くときは「仕方がないから」ネクタイをして行かないとまずいな〜、というだけの男ではロクなネクタイを持っているわけがないし、ましてや女性をハッとさせるような選び方が出来るわけもない。

こういうインチキな世の風潮だからこそ、今ネクタイを締めると改めて気が引き締まる思いがする。「面倒がなくて楽だ」というのではなくて「面倒で窮屈な服を着こなすのが男の宿命でありプライドなのだ」と思う。

「白洲次郎、はじめてGパンをはいた日本人」というが、当然フォーマルからカジュアルまですべてを着こなした男だからこそ話題になるわけで、別にGパン姿でGHQに出入りしていたわけじゃないだろう。

ウォームビズも結構、レイヤードも結構、でもチャンとした男はチャンとした時にはチャンとしたネクタイを結びたい。

最後に一言。ビジネス以外の場で、窮屈だけどキチンとドレスアップしてご覧なさい。絶体女性の注目度が高いこと請け合いである。その見分けのつかないような女はバカである。

| | コメント (0)

2009年11月 2日 (月)

TRAD雑記帳43「ゲキヤス時代到来」

駒沢のユニクロでブラックウォッチのパンツを売ってるというので、自転車で行ってみた。ブレザーのボトムにいいか、と思ったんだけど、色味がいまいち気に入らないのでやめた。

三茶の西友ストアでグレンチェックのパンツをみつけたので、代わりにこちらを購入。アメリカン・トラッド風、ジャストサイズ。ふと見ると同じ生地のジャケットもあったので、これもついでに買ってしまった。スーツで着たり、替えズボンとしてはいたり出来る。

上下合わせて13,000円からお釣りが来た。さらに売場を眺めてたら、7,900円というスーツがいっぱい。長持ちするかどうかは着て見ないとわからないが、モニターとして着てみてもいいかも。コーディネート次第でもっと高そうに見せる自信はあるけど、スーツなんてけっこういっぱい持ってるから、やっぱりやめた。だいたいビジネス以外にスーツを着る機会があんまりない。

アパレル業界もゲキヤス時代が到来。あっちでもこっちでも、800円くらいのジーンズが大流行り。

| | コメント (0)

2009年9月22日 (火)

悪趣味アラモード(2)

最近のボタンダウン、ありゃ何だ? 白いシャツに赤いボタン、かがり糸もボタンホールも赤。おまけに第一ボタンが二つ、黒いボタンに黒糸というのもある。第一ボタンが三つというのもあるらしい。やめてくれ、生理的な不快感をもよおしちまう。

スーツときたらピチピチの黒ばっかり、袖より身丈のほうが短いのもある。初めて着るスーツがこんなのだと、一生こんなのがすり込まれてしまう。それが怖い。

こういうのって別に伝統に対するアンチテーゼでも反抗でも何でもない。目先さえ変わってればそれで良いのだ。それが怖い。

僕の持っているスーツやジャケットなんてまるで前世紀の遺物だ。「新しいファッション・・・・・?」
これがファッションなら洋服なんか着ない方がまし、アパレル・デザインも落ちたもんだ。それが怖い!

| | コメント (2)

2009年9月18日 (金)

悪趣味アラモード(1)

まったく久し振りのブログです。

ここ2,3年「mixi」にはまっていたので、ついご無沙汰してましたが、mixiにもちょっと飽きが来たようです。mixiもはじめたころは結構反応も多く、友達もいろいろできて面白かったのですが、だんだん友人が整理されて来ると、やはり年配の友人に絞られて、それほど話題に変化がなくなります(こちらからの発信もご同様)。お互いに飽きが来て交信している意味が薄れてしまいます。

さて、本日の話題。
世は挙げてまさに「悪趣味」の時代である。こういうことを言うと、そもそも何をもって悪趣味とするのか、と言われそうだが、私に言わせると「悪趣味も流行の内」ということになるから何ともしようがないのだ。
目についたものから具体的に取り上げて行こうと思う。今回はヘアスタイルから。

最近、AERAのスタイルマガジンという季刊誌に「イケメン・シリーズ」の似顔を描いている。最初がモックン、次が水島ヒロ、それから小泉兄弟・・・。実は似顔は美男美女ほどツルリとしてひっかかる所がなくて描きにくいのだ。当代人気のイケメンたちだが、実はそのヘアスタイルに、今更のように「これって何なんだろ?」と頭をかしげている次第。つまり私に言わせると「グチャグチャ、ボサボサ」で、昔風にいえば浮浪児みたいな頭なのだ。

こういうのがいつ頃から流行りだしたのか、マンガの影響なのか、世界的な傾向なのか・・・? 不勉強で最近のファッションの動向に疎いのは当然だが、私自身の感覚もすでに時代遅れになってしまったせいなのかもしれない。

なにもアイビーカットやクルーカットだけが良いというわけではないが、私はいまでも美容院ではなく、頭を刈りに行くのは近所の床屋だ。そもそも今時の美容師という連中のセンスなんてものを最初からまったく信用していないのだ。コレがまた流行だというと、それこそ猫も杓子もその線ばかりがまかり通るのがおかしいと思う。私にはあのヘアスタイルはどうしても「美しい」とは思えないのだ。昔風のおじさんみたいな頭じゃイヤだというのもわからないではないが、たまに丸刈りの若者なんかを見かけると、けっこう清潔感を感じてしまう。

流行は変遷する。この次にはどんなヘアスタイルが流行るのだろうか。最初に触れた流行がその人間のスタイルとして一生すり込まれてしまう。トラッドにすり込まれたのはむしろ幸せだったとつくずく思う。人間歳を取ると髪も白くなるし、毛も薄くなる。その時になって彼らはどんな頭をするのだろうか?

| | コメント (1)

2009年6月 3日 (水)

スーツにノータイ

 クールビズの季節にはまだ早いというのに、大臣をはじめ、国会議員のお歴々の服装は、結局スーツにノーネクタイというスタイルに定着したようだ。
 バカじゃないか! ネクタイを省略するのは、ジャケットやブレザーに替えズボンのときに限る。スーツのときはネクタイをするのが当然なのだ。服装の常識のないヤツが平気でこうした恥ずかしいナリをして平然としている。こんな映像が世界中に流れると思うと、まさに国辱ものだ。

 若いタレントのアンチャンならまだ話はわかるし、それならそれなりの着方もあるが、髪の毛の薄くなりかけたオジサンがこれでは無知そのもの、みすぼらしくて情けない。イランのアフジャニナンチャラという大統領もノータイだが、だからわたしはこの人物を信用していない。洋服を着るのにそのルールも知らないようでは一流国とは認め難い。アフガンのカルザイみたいに民族衣装で押し通すほうがはるかに立派だ。

 父の日に何を贈る?っていったって、服装のきちんとした人には、なるべくネクタイなんかは贈らないほうがいい。ネクタイ売場で女の店員に女のお客が相談しているのなんて、ぞっとする。女性にネクタイの趣味は判らない。

 まして服装全体のコーディネートを任せるなんてゼッタイ許してはならない。女性の時代だってことは百も承知しているが、自分の着るモノまで女性の無知で勝手な「センス」で口出しして欲しくない。

| | コメント (3)

«もう暑くなってきた