トップページ | HOZKAZ Blog »

2006年1月26日 (木)

間違いだらけのクルマ選び

  徳大寺有恒著「間違いだらけのクルマ選び」最終版が出ました。最初の版が出版されたのが1976年の11月ですから、今年で丁度30年になります。トクさん、長い間ほんとにご苦労様でした。その間、毎号ボクが表紙と本文のイラストを描かせていただきました。
  最初の本は正編と続編を合わせて合計120部を超え、1977年の書籍ベストセラーの一位となり、日本のクルマ社会に大きな影響をあたえました。
  この30年の間に、日本の自動車を描くプロのイラストレーターに呼びかけて「日本自動車アーチスト協会JAAA(Japan automotive artists association)」という会が発足し、ボクも会員になっていますが、今回をひとつの区切りにして、ボクもクルマのイラストを描くことはもう無くなると思います。
  

|

トップページ | HOZKAZ Blog »

コメント


間違いだらけのクルマ選びのイラストがとても好きでした

おじいちゃんにもらった82年~01年の本を小学生の時から何度も読み返しています。最初はイラストを楽しんで眺めて写したり真似たりして絵の練習に利用していました。今は高校生になり評論も理解できるようになりました。とても勉強になり、今でも楽しく読んでいます。

ありがとうございました

投稿: 満点ドライバー | 2010年7月27日 (火) 19時29分

記事の内容に間違いがありました。120部というのは、もちろん120万部の誤りです。昨年10月、「決定版・徳大寺有恒のクルマ運転術」が上梓されております。

投稿: hozkaz | 2006年2月22日 (水) 16時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/28920/511205

この記事へのトラックバック一覧です: 間違いだらけのクルマ選び:

トップページ | HOZKAZ Blog »