« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月27日 (日)

TRAD雑記帳45 三点セット

 すでに亡くなられましたが、メンズファッションの生き字引と言われた紳士服評論家、星野醍醐郎氏に伺ったのは、男がコートを着たときには、必ず帽子と、手袋を持たねばならない、ということでした。
つまりコートを着るときの三点セットです。

現在ではこの三点を守っている人はほとんどいません。時代が変わって、世の中全体が簡略化されてきたのです。でもいざとなったらこれはとても重大なことでありまして、たとえば首相が外国を訪問して儀仗兵を閲兵するときなどは、絶体このルールに従わないといけません。

出来たら、コートはチェスターフィールド、帽子はホンブルグ(ハンバーグじゃないよ)、手袋はペカリーかキッドというのが決まり。
セミチェスターにソフトハットという略式のことも多くなってきました。

ここまでやるとかなり大袈裟になるので、わたしも帽子を省略したりするようになりました。

ところで、わたしも年を重ねたせいで、今年はじめて「コートの重さ」という問題に直面しております。2年ほど前まではほとんど意識しなかったのですが、コートが重いとウンザリします。結局カシミヤの紺の両前か、ダウンくらいしか着る気になれません。ハリスツイードで入れ込んで作った両前のオーバーコートなど、まったく出番がありません。以前にご紹介したダッフルコートさえすでに重たくてイヤになります。
来年の秋には傘寿を迎えます。

| | コメント (4)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »