« 謹賀新年 | トップページ | 小説を書く »

2010年2月23日 (火)

hozkazの建造物シリーズ

旧草思社刊行の「日本人はどのように建造物をつくってきたか」全十巻のうち、平城遷都1300年に当たり「法隆寺」「奈良の大仏」「平城京」がソフトカバー新装版として新草思社から出版されました。

わたしは現在「明治の東京(仮題)」を執筆中で、秋にはなんとか上梓したいと思っています。それと同時に「江戸の町(上・下)」も新装版発刊の予定です。

|

« 謹賀新年 | トップページ | 小説を書く »

コメント

「絵で見る 明治の東京」を拝読させていただきました。
素晴らしいイラストに感激しました。
益々のご活躍を楽しみにしております。

投稿: かたばみ | 2010年11月30日 (火) 10時15分

「日本人はどのように建造物をつくってきたか」の3巻がソフトカバーで登場とのこと、手に入りにくくなったものもあるようですから、多くの方に喜ばれるものと思います。
初めて伺うお話ですが、「明治の東京(仮題)」をご執筆中とのこと、これは大ニュース……楽しみです。
秋には……首を長くしてお待ちいたしております。

投稿: 秋山東一 | 2010年2月23日 (火) 20時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 謹賀新年 | トップページ | 小説を書く »